子育て給付金が支給されるという話について

選挙が終わって、消費税増税が見送りとなってホッとしたのもつかの間、
「子育て給付金」が休止になるというニュースを見て、ビックリした人も多かったみたいですね。

消費税の増税が延期になって、財源不足になったというのが理由だそうです。

しかし選挙が終わってから、待ってましたとばかりに給付金休止を発表した政府に対して、
特に子育て世帯の人たちからは、不満の声が爆発。
「子育て世帯に対する給付金がコロコロ変わって困る!」
「家計は苦しいし、保育園はいっぱいで入れられないし、子供なんてもう増やせないわ」

と、そんな風に怒りをあらわにしている人もいました。

介護保険サービスにおける介護報酬に関しても、引き下げが決まり、
消費税が8%に増税されたのは、社会保障費に使われるためというだったのに、
どうして福祉(子育て世帯や介護世帯)への還元が少なくなるのだという意見は少なくないみたいです。

しかし、子育て給付金というのは子供さんがいない世帯の人には分かりづらいかもしれませんが、
今年消費税が8%増税になると決まった時に、決定した「子育て世帯に対する臨時特例給付金」のことです。

子供がいる世帯に、子供(0歳から中学校以下)1人につき1万円を一度支給されました。

その子育て給付金について、消費税の10%増税が延期になったことから休止が決まったのです。

2017年4月に消費税が10%に増税されたときは、
また子育て給付金があるかもしれないのですが、とりあえず来年は無いということです。

しかし、所得が低い世帯に対する給付金(児童手当)は継続するそうですよ。

来年度については、子供1人当たり6千円が支給されるみたいですが、
まだはっきりとした情報は分かりません。
所得が少ない子育て世帯の家計を、少しでも助けようという試みはあるようですが・・・。

物価はどんどん上昇していくし、配偶者控除廃止されるなど、
子育て世帯にとって、これからも厳しい現実が続いていくかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>