saishinnews のすべての投稿

子育て給付金が支給されるという話について

選挙が終わって、消費税増税が見送りとなってホッとしたのもつかの間、
「子育て給付金」が休止になるというニュースを見て、ビックリした人も多かったみたいですね。

消費税の増税が延期になって、財源不足になったというのが理由だそうです。

しかし選挙が終わってから、待ってましたとばかりに給付金休止を発表した政府に対して、
特に子育て世帯の人たちからは、不満の声が爆発。
「子育て世帯に対する給付金がコロコロ変わって困る!」
「家計は苦しいし、保育園はいっぱいで入れられないし、子供なんてもう増やせないわ」

と、そんな風に怒りをあらわにしている人もいました。

介護保険サービスにおける介護報酬に関しても、引き下げが決まり、
消費税が8%に増税されたのは、社会保障費に使われるためというだったのに、
どうして福祉(子育て世帯や介護世帯)への還元が少なくなるのだという意見は少なくないみたいです。

しかし、子育て給付金というのは子供さんがいない世帯の人には分かりづらいかもしれませんが、
今年消費税が8%増税になると決まった時に、決定した「子育て世帯に対する臨時特例給付金」のことです。

子供がいる世帯に、子供(0歳から中学校以下)1人につき1万円を一度支給されました。

その子育て給付金について、消費税の10%増税が延期になったことから休止が決まったのです。

2017年4月に消費税が10%に増税されたときは、
また子育て給付金があるかもしれないのですが、とりあえず来年は無いということです。

しかし、所得が低い世帯に対する給付金(児童手当)は継続するそうですよ。

来年度については、子供1人当たり6千円が支給されるみたいですが、
まだはっきりとした情報は分かりません。
所得が少ない子育て世帯の家計を、少しでも助けようという試みはあるようですが・・・。

物価はどんどん上昇していくし、配偶者控除廃止されるなど、
子育て世帯にとって、これからも厳しい現実が続いていくかもしれませんね。

肉球マドレーヌが今話題になっています。

今、「肉球マドレーヌ」っていうお菓子がすごく話題になっていますね!

東京駅の1番街で1個300円で販売されていて、
東京バナナと並んで、東京のお土産の定番になりつつあるそうです。
ネットでも買えるんだけどネットだと5個で1800円と少し高くなるみたいですね。

肉球マドレーヌは、名前の通り肉球の形をしていて、とにかく見た目が可愛いのがポイントです。

ピンクのチョコで作られている肉球がプックリ盛り上がっていて、
思わず触りたくなるほど。

北海道バター100%と濃厚な卵に上質なクリームを使った、しっとりとした生地で、
ほのかに柑橘系のレモンの香りがします。

添加物や保存料がほとんど入っていないので、お子様でも安心して食べられますが、
保存料が入っていないので賞味期限が1週間くらいなので、購入する際は気をつけましょう。

お土産に渡す場合は、もう少し日持ちしてくれたらいいのになぁ~とも思います。

肉球マドレーヌは犬の足をモチーフにしているらしいけど、猫の足にも見えます。
なので、犬や猫などのペットを飼っているおうちへの贈ると喜ばれるかもしれませんね。

ラッピングもオシャレで女子にウケそうなので、バレンタインのお返しとか、
会社関係への手土産などにしても「可愛い!」と歓声が上がるでしょう。
1個ずつ個包装になっているので配りやすいのが良いですね。

また肉球マドレーヌ以外にも、肉球をモチーフにしたお菓子を販売している所もあるみたいです。

肉球羽二重餅(にくきゅうはぶたえもちと読むらしいです)とか、肉球まんじゅう。
肉球ぱ~んち(スポンジケーキのような和洋折衷のお菓子)とか肉球ぷにゅぷにゅ(焼き菓子)。
ねこのて(ダクワーズ生地のお菓子)も、大阪では人気があるようですよ。

でも、やっぱり今は肉球マドレーヌが一番かも?

肉球マドレーヌは見た目に可愛いし癒されるし、話題性もバッチリなので、
東京駅に行く機会があれば、お土産に買ってみてはいかがですか?!

やはりSTAP細胞はなかったのでは!?

今年話題になっていた「STAP細胞」は、ついに再現できなかったみたいですね。

4月以降「STAP細胞はあります!」というセリフで注目を集めていた小保方さんは、
12月21日付けで理化学研究所を退職となったようです。

小保方さんは7月から神戸の研究センターでSTAP細胞の検証実験を開始していたそうです。
第3者が立会いをして実験を行っていたというのだから、相当プレッシャーもあったでしょうね。

来年3月末を期限としていたにもかかわらず、11月末には「STAP現象は再現できない」と結論を出したとのことです。

小保方さんは「STAP細胞の作製には200回以上成功した」と言っていたのですが、
そんなに多く成功してきた実験が、半年以上かけても一度も成功しないのはおかしいという意見もあります。

STAP現象というのは、弱酸性溶液による刺激で、細胞が変化して万能細胞になるというもの。
マウスを使った実験で、万能細胞を持つ遺伝子が現れると緑色に光るようにされていたそうです。

もしかしたら小保方さんは、マウスが緑色に光ったので、
STAP現象が起こったと思ってしまったのかもしれないと言われています。
7月以降の再現実験で50回実験を行って、たまに緑色に光るマウスもいたそうですが、
詳しく調べるとSTAP現象ではなかったみたいです。

STAP細胞の研究がうまくいけばハゲで悩んでいるボクの救ってもらえたのでは?
なんて思ったりしています。まあ、毎日リアップを使ってなんとかこらえていますが・

また「STAP細胞はES細胞に似ている」と発表されたことで、
まずますSTAP細胞は無かったのではないかと思われているのでしょう。

理研の調査委員会では、小保方さんが論文を捏造し、改ざんしたと認定したようです。

小保方さんは理研において、推定年俸800万円、それと研究費などで2000万円。
年間合計3000万円の研究費を騙し取ったという罪で、訴えられるかもしれないという話もありますね。

でも、今回の問題は小保方さんだけの責任ではないような気もするのですが・・・
本当のところは良く分かりません。

博士号も取り消されてしまった小保方さん。
芸能界からのオファーも沢山あるようですが、これから小保方さんはどうしていくのでしょうか。

原油安が止まりません。家庭への影響は?

最近は、円安による輸入品の価格の上昇、また原材料が高くなるなどの理由で、
食品や一般雑貨、外食産業の値上げが相次いでいます。

スーパーに買い物に行っても、肉や野菜、小麦粉や乳製品など様々な物が値上がりしているし、
トイレットペーパーやティッシュなども来年から10~15%も値上げになるらしく、
しかも4月からの増税の影響もあって、一般家庭の家計は本当に苦しいものとなっていますね。

それがここにきて、原油価格が下がってきたという話題。
原油価格が、今年7月14日の169.9円をピークに、だんだん下落していっているというのです。

原油安になったからといって、輸入品の価格が直接的に下がるわけではないが、
例えば製品を輸入する企業側にとっては、エネルギーコストを抑える事ができるのでメリットはあるでしょう。

それに、例えば化粧品なども元は石油から作られていることもあって、
恐らく色々な商品が石油とは関わっているので、原油安は円安のデメリットを軽くしてくるかもしれません。

私たち一般家庭においても、ガソリン代が安くなるというのは有り難いですね。
特に、車がなかったら生活出来ないような田舎に住んでいる人達にとっては、
ガソリン代が下がると、浮いたお金を別の事で使えるので家計に大きく影響してくると思います。

しかし原油安といっても、これまでが異様に高かっただけという気もするので
それほどガソリン価格が下がっているわけではない、と感じている人も少なくないようです。

そもそもガソリン価格のうち、原油という原材料が占める割合は40%くらいで、
残りの40%は税金、また20%は精製コストなどが関わってくると言われています。
やはり円安なので原油を調達するためのコストもかかるのでしょう。

原油安と言われても、今くらいだとそれほど物価が下がるわけではないと思いますが、
それでも円安による家計への打撃を、少しでも軽減してくれることになったら良いのになぁと思います。

記念SUICAが買えなかった人たち・・・

今月20日に、JR東日本が東京駅開業100周年記念Suicaを発売しましたね。

もしかしたら皆さんの中にも買いに行った人がいるかもしれませんが、
当日の朝に、販売場所である東京駅に物凄い数の希望者が殺到したみたいです。

発売開始が8時なのにあまりにも並んでいる人が多かったため、1時間早く販売を開始したものの、
混雑はおさまらず、ついには9時40分に販売を中止することが決まったそうです。
販売予定数が1万5000枚であったけど、8000枚で終わったとのこと。

今回の混乱の原因は、まず人が集まりやすい東京駅で行われたこと。
直接販売でなく、ネットでの販売でも良かったのではないかという声があがってましたね。

それから、徹夜で行列は禁止と言われていたにもかかわらず、明け方には数千人も並んでいたそうです。
しかし整理券を配るなどの対応はせずに、列の整理も行われず放置。

その結果、ルール違反をした徹夜組が優先的に購入できて、
ルールを守った人達が購入できないという事態になったため、買えなかった人が怒り出したというわけです。

この記念Suicaは、その日のうちにオークションに出回って最高20万円で落札されたと言われています。
元の金額が2000円なので、ビックリするくらい高値ですね!

ところが、22日の正午前には「記念Suicaは希望者全員に販売される」ことがニュースになり、
夕方には「来年1月下旬より2週間程度、郵送とインターネットで注文を受け付ける」ことが発表されたようです。

1枚2000円で1人3枚までOK。
入金確認が出来た人から順番に、送料無料で発送してくれるそうですね。

購入したくても買えなかった人によっては嬉しいニュースかもしれませんが、
希望者全員が買えるなら、限定商品の価値が少し薄れるような気がします。

オークションで高額で購入してしまった人が可哀想だし、
転売屋によってはガッカリな展開でしょうね。

この記念Suica。
将来、プレミアがつくかもしれないから、私も買っておこうかなと思います!

自民党の衆議院選挙圧勝の結果、世の中はどうなる?

先日、衆議院選挙が行われましたが、
結果は見ての通り自民党の圧勝に終わりました。

選挙が国民の民意を反映しているというのであれば、
今の日本のあり方は国民の意に反しているということではないようです。

今年の4月から消費税が8%になりましたが、
10%になるのも、もはや時間の問題なのではないでしょうかね。

はあ・・・

消費税10%かあ・・・

本当にため息しか出てきませんね。

これからますます日本は住みにくい国になっていくことだけは間違いないでしょうね。
こればっかりは仕方がないのでしょうかね。